MANIERA

映画は映画だ。

父と子

『父と子』の争い、もっと広い言葉で云えば旧時代と新時代の争い、旧思想と新思想との争い、それは十九世紀後半の露西亜や西欧諸国だけの悩みではなかった。それは、一種の伝染病として、いつの間にか、日本の上下の家庭にも、侵入しているのだった。
五六十になる老人の生活目標と、二十年代の青年の生活目標とは、雪と炭のように違っている。一方が北を指せば、一方は西を指している。老人が『山』と云っても、青年は『川』とは答えない。それだのに、老人は自分の握っている権力で、父としての権力や、支配者としての権力や、上長者としての権力で、青年を束縛しようとする。西へ行きたがっている者を、自分と同じ方向の、北へ連れて行こうとする。そこから、色々な家庭悲劇が生れる。(菊池寛真珠夫人』)


f:id:sholivia:20150326162802j:plain